Le Journal de Aaaaatchoum » regarder (見た)

rchive pour la catégorie 'regarder (見た)'

DVD「月おとこ」Tomi Ungerer

Le 30 1月 2014 à 3 h 19 min | Instagram, regarder (見た) | par atchoum

学校が昼で終わる水曜の午後は娘とDVD鑑賞。Tomi Ungererの「つきおとこ」。音楽が割と良かった。
学校が昼で終わる水曜の午後は娘とDVD鑑賞。「Jean de la lune」、日本では「月おとこ」という名前で評論社から絵本が出ています。
It’s a only paper moonやMoon riverなどサントラが割と良かったです。

Nuit blanche 4区役所で甘い歌声

Le 05 10月 2013 à 19 h 35 min | Instagram, regarder (見た), sortir (出かけた) | par atchoum

Nuit blancheMairie du 4e 4区役所甘い歌声が聴けます⁈
今夜はNuit Blancheニュイ・ブランシュ。パリ市主催の夜通しアートイベントです。私は4区役所のDidier Faustinoの作品Memories of tomorrowの展示へ。
柵で作られたオブジェを鑑賞していたら、ポリスの格好をした4人が入場し、その一人が、甘い歌を一曲披露してくれました。
パフォーマンスを含めての作品だったのでしょうが、突然の歌に、娘も大喜びでした。

自然と水がテーマのイベント

Le 14 5月 2012 à 8 h 02 min | regarder (見た), sortir (出かけた) | par atchoum


天気が良かった今週末、土曜はFete de la nature(自然保護がテーマのイベント)のジャルダンデプラント公園会場へ、日曜はFestibal de l’oh!(水に関するイベント)のベルシー会場へ行ってきました。
ジャルダンデプラントでは、「にわの小さな仲間たち」の人形劇へ。まんまるでふわふわのミレイユやレオンの人形がかわいかったけれど、歌が古風だったりお話がちょっと退屈で、途中で抜け出してしまいました。
ベルシーでは、Compagnie Transe Expressの演奏とアクロバットの出し物へ。このカンパニーは、2000年ポンピドゥーセンター前広場の年越しイベントで、巨大なモービルにぶら下げられた演奏者の演奏を見て、感動したのを覚えています(その時の映像)。
今回の出し物は、感動というものではなかったけれど、船上での上演を川岸から鑑賞するというシチュエーションがとてもおもしろかったです。
ベルシーでは、パリ市図書館の子ども向けの出張ブースでは、演奏付きの読み聞かせなどもあり、娘もとても楽しませてもらいました。
夏が近づいていろんなイベントが増えてきました。今度の土曜はNuit Musee(夜間美術館が無料で開放)開催されます。

Cine-Concert 映画コンサート

Le 19 2月 2012 à 16 h 40 min | regarder (見た), sortir (出かけた) | par atchoum


年に2回行われる、1才半から4才の幼児向けの映画上映会Tout-Petits-Cinema。親の私の方が毎回楽しみにしています。いくつかのプログラムの中から、今回は「レオ・レオニの小さな世界」というCine-Concert演奏付き映画上映会を選びました。
レオ・レオニは、好きな作家で、絵本はいくつか持っていましたが、映画を見るのは初めて。上映作品は、さかなはさかな、フレデリック、ぼくのだ!わたしのよ!、コーネリアス、スイミー。
音楽を担当した、ロックバンドSZ。レオ・レオニのアニメには、ちょっとだけ激しいかなと思ったけれど、絵本より躍動感溢れる感じで、別のイメージを楽しませてもらいました。
今回は、レゴ協賛で、レゴのディプロで遊ぶスペースがたくさんあって、こちらも楽しかったです。
娘が4才になるまで、毎回楽しませてもらおうと思います。

パリ・モームのおやつコンサート

Le 20 3月 2011 à 17 h 07 min | regarder (見た), sortir (出かけた) | par atchoum


大分前にチケットを手に入れてから、楽しみにしていた子どもコンサートに、親子三人で行ってきました。
アーチストはモリアーティ。昨年日本でもライブが行われたそうです。主催は、子どもの情報誌パリ・モーム(日刊紙リベラシオンの付録)。センスの良い情報がいっぱいで、子どもがいない時から、愛読しています。
娘はというと、最初は大喜びで、手をたたいたり、踊ったりしていたのですが、30分くらいで、会場内の散策に夢中になり、結局ロビーに出るはめに……。でも、最後のアンコールはなんとか聞けました。
コンサートの後は、おみやげの袋(中に入っていた物は、ミネラルウォーター、バナナ1本、チョコチップ入りパウンドケーキ、パリ・モーム誌)をいただいて、ロビーでおやつタイム。イベントの内容だけに、おしゃれな親子が多かったのですが、みんな必死にバナナやケーキを頬張っていて、和ませてもらいました。また楽しいイベントを期待しております。

秋のギャラリーめぐり

Le 14 9月 2010 à 23 h 23 min | regarder (見た), sortir (出かけた) | par atchoum


去年の9月、家人の友人に誘われて行った、マレ地区のギャラリー巡り。今年も行ってきました。9月と言えば、日本では4月にあたる新学期。ギャラリーも長い夏休みを終えて新しい展示が出そろいます。
気になったギャラリーは、エマニュエル・ペロタンマリアン・グッドマン。ギャラリスペースが広がって、別館までできてバブリーな感じのペロタン(日本人的には、名字がかわいい響きなので、ついつい何度も口にしてしまう…)は、今回はグループ展でしたが、かなり良いセレクションで、「ペロタンすごい!」とうなってしまいました。マリアン・グッドマンの方は、ウィリアム・ケントリッジの個展で、鉄のオブジェとアニメーションなど、こちらもよかったです。
この二つのギャラリーわりと大きめで、中庭もあったりして、建物的にも楽しめます。特にペロタンの方は、別館から本館への通路が、秘密の抜け穴のようで、楽しいです!

リュクサンブール公園でキノコのダンス

Le 18 3月 2010 à 21 h 26 min | regarder (見た), sortir (出かけた) | par atchoum


スーパーマーケットで偶然会った、娘の託児所のお友だちのNちゃん親子に誘われて、生まれて初めてギニョール(人形劇)を見に行きました。場所はリュクサンブール公園の中のThéâtre du Luxembourg。水曜日は幼稚園や小学校が休みということで、公園の子ども向けの遊ぶスペースには、うじゃうじゃと人が。ベビーブームが続いてるだけあって、フランスはホント子どもが多いです。
肝心の劇ですが、演目は”ピノキオ”、期待以上に楽しくて、大満足。大人でも十分楽しめます。私が特に気に入ったのは、キノコのダンス。しっとりとしたシュールな動きに目が釘付けでした。このダンス、もう一度見てみたいです。

Atchoum Quoi de Neuf ?!

Le 08 11月 2009 à 1 h 34 min | acheter (買った), avoir peur (コワイ), deguster (味わった), m'interesser (気になる), penser (考えた), regarder (見た), s'emouvoir (感動した), sortir (出かけた), trouver (見つけた), trouver un livre (本見つけた) | par atchoum

AAAATTCHOUM,TCHOUM!
平素より、アッチュムジャーナルを覗いていただいて、大変にありがとうございます。
この度、ブログのページをリニューアルし、引越しをさせていただきました。
新しいアドレスは、Http://Aaaaatchoum.com/journal です。
新しいRssは、Http://Aaaaatchoum.com/journal/?feed=rss2 に変更になります。
お手数ですが、変更のほど、よろしくお願い致します。
これからも、楽しいジャーナルをお届けさせていただきます!

シネマテーク・フランセーズでのタチ展へ

Le 20 4月 2009 à 23 h 52 min | regarder (見た) | par atchoum

20090419tati1.jpg20090420tati01.jpg20090420tati02.jpg
ラ・シネマテーク・フランセーズでのジャック・タチの展示を見に行ってきました。タチの映画の中に入り込んだような内装がとってもよかったです。展示されてるものは、映画に出てくるグッズ、写真、映像、エスキースなどなど、みごたえたっぷり。先日行った104ソンキャトルよりおすすめです。こちらでも、アルペル邸の模型(さらに小さいもの)が見れます。右下の写真は、子ども向けアート雑誌DADAが制作したかわいいタチすごろくが描かれたパンフレットです。

のぞいてきました

Le 12 4月 2009 à 23 h 28 min | regarder (見た) | par atchoum

20090411arpel01.jpg20090411arpel02.jpg20090411arpel03.jpg20090411arpel04.jpg20090411arpel05.jpg20090411arpel06.jpg
ムッシュ・アルペル邸、早速見てきました。パリ市北東のアートセンターLe 104(ル・ソンカトル)にて。メトロを降りて、がらのあまり良くなさそうな地域を抜けた所にあり、夜一人では行きたくない感じ。でもセンターに入ると広くてきれいで心地のいい空間でした。広くてガラーンとしてるからか、元葬儀場だからか、なんだかひんやり。
肝心の展示。復元されたアルペル邸は中に入れず外から覗き込むものでした。でも結構それなりに満足。今度はラ・シネマテーク・フランセーズの展示に行ってみます。