Le Journal de Aaaaatchoum » deguster (味わった)

rchive pour la catégorie 'deguster (味わった)'

赤いお家のローズベーカリー

Le 17 1月 2011 à 23 h 16 min | deguster (味わった), sortir (出かけた) | par atchoum


ローズベーカリーマニアの友人に聞いて知ったローズ・ベーカリー・カルチャー(キュルチュー?)。パリの3店舗目です。昨日友人ファミリーを誘って行ってきました。場所はバスチーユ近くのアートセンターLa maison rouge内。他の店舗より広くて、天井も高くて、子連れでもとっても快適でした。年に何回か内装が変わるそうで、今はジョルディ・ラバンダの壁紙がキュートな内装。今日から2月11日までお休みらしいですが(知らなかった!)、ぜひまた来たいです。

例のお店に行ってきました

Le 30 3月 2010 à 15 h 52 min | acheter (買った), deguster (味わった) | par atchoum


ずっと気になっていた準備中のお菓子屋さんSugarplum。今日通ったらオープンしてました。私の予測どおりサロン・ド・テ!
「近所にこんなかわいいお店ができて~」と、わくわくしながらお店に入りました。並んでるお菓子は、ブラウニーやマフィンをはじめアメリカンなもの。スタッフもアメリカ人の気さくなお姉さんです。
シュガークラフトケーキがスペシャリテだそうで、ペロペロキャンディー風や蜂の巣柄のシュガークラフトクッキーもありました。お茶はクスミティーだそうです。ちなみに、下の真ん中の写真の水玉マグは、私ではなくお姉さんが飲んでいたお茶。今回、キャロットマフィンと洋梨ジンジャーマフィンを買いましたが、ふんわりカリッとライトでおいしかったです。

歯を抜く前に

Le 13 2月 2010 à 23 h 19 min | deguster (味わった) | par atchoum

今日初めて親知らずというものを抜きました。歯を抜いた、というか抜けたのは小学生の時。はるか昔のことなのであんまり覚えていません…。
先週予約をとってから、ドキドキしながら一週間を過ごしました。そして当日。麻酔をして待つこと5分。「抜きますよ~」といわれて3秒後には抜けてました。あまりの速さによろこびつつも、あっけないような。幸いに血も出てなかったので、帰りにスーパーで買物をして帰宅。家の鏡で、麻酔のせいでぷっくりした頬と歪んだ唇にビックリしてしまいました。これで口から血流してたら、店員の人も怖かったことでしょう。
写真は、娘の8ヶ月の誕生日祝&前倒しのバレンタイン(親知らず抜歯で14日には食べれないだろうということで)に、家人が買って来てくれたジャック・ジュナンのミルフィーユ。普通のパイ生地より重厚でざっくりしてました。ショコラティエなので、ショコラ味を選びたいところですが、軽やかなヴァニラがおすすめです。歯が落ち着いたら、今度は店のサロン・ド・テでプラリネ味を食べてみたいです。

パリでスウェーデンのクリスマス市

Le 29 11月 2009 à 20 h 22 min | acheter (買った), deguster (味わった), sortir (出かけた) | par atchoum

20091129marchenoel120091129marchenoel220091129marchenoel320091129marchenoel420091129marchenoel520091129marchenoel6

パリにあるスウェーデン教会にてクリスマス市があるとの小さな情報を得て、娘と家族三人で行ってきました。私がクリスマス市でも探すのは手作りの温かみのあるかわいいものなのですが、パリのクリスマス市ではなかなかそういうものには出会えません……。が今回はとってもかわいい木のオーナメントを見つけました。
地下のカフェではスウェーデン料理をいただきました。サーモンマリネ、ニシンの酢漬け、ハム、ビーツのサラダと、フランスの食べものからするとさみしい気がしないでもないですが、それなりにおいしかったです(…)。とにかくまた来年も来てみたいです。

ティータイムにあるとうれしい……

Le 10 11月 2009 à 23 h 55 min | deguster (味わった), m'interesser (気になる) | par atchoum

お茶ルイボスティーお手製バナナメープルくるみケーキとマカロン

先日お友だちの家に持って行ったおみやげ、お手製のバナナメープルくるみケーキとピエール・エルメのマカロン。バナナケーキもおいしかったけれど、ピエール・エルメのマカロン。ここのオリジナリティ溢れる味のとりこです。イチオシはカシスで、実も入っていて新鮮な味わい。できることなら頻繁に食べたいところ…(パッケージはかわいいけれど、値段はかわいくない)。お茶で最近お気に入りなのは、ルイボスティー。ノンカフェインなので飲み始めたのだけど、後味がいいのでよく飲んでます。

Atchoum Quoi de Neuf ?!

Le 08 11月 2009 à 1 h 34 min | acheter (買った), avoir peur (コワイ), deguster (味わった), m'interesser (気になる), penser (考えた), regarder (見た), s'emouvoir (感動した), sortir (出かけた), trouver (見つけた), trouver un livre (本見つけた) | par atchoum

AAAATTCHOUM,TCHOUM!
平素より、アッチュムジャーナルを覗いていただいて、大変にありがとうございます。
この度、ブログのページをリニューアルし、引越しをさせていただきました。
新しいアドレスは、Http://Aaaaatchoum.com/journal です。
新しいRssは、Http://Aaaaatchoum.com/journal/?feed=rss2 に変更になります。
お手数ですが、変更のほど、よろしくお願い致します。
これからも、楽しいジャーナルをお届けさせていただきます!

春を味わう

Le 10 4月 2009 à 23 h 47 min | deguster (味わった) | par atchoum

20090410pois1.jpg20090410epouventail.jpg
毎週金曜日は近所のモンジュ広場の朝市に行く日と決めています。今日はえんどう豆を見つけました。でもスペイン産なので、時期にはまだまだ早いのかもしれません。初物だからか、結構売れてました。フランス人はクタクタにゆでて肉や魚料理の付け合せにするんでしょうけれど、私はやっぱり豆ご飯。もちろんちょっと歯ごたえを残します。春ですね~。そろそろ春キャベツも食べたいな。
右の写真はある公園の花壇のかかし。花で飾られた帽子がこちらも春らしくてかわいい。

マロノさん、ごちそうさま。

Le 07 3月 2009 à 23 h 08 min | deguster (味わった) | par atchoum

20090307rollcake1.jpg
先日買っていたマロノさんのマロンクリームの出番がやっときました。抹茶を入れたスポンジケーキにマロンクリームとローストしたクルミを入れて巻いてみました。スポンジ生地が硬くなり、いつも失敗していたロールケーキ。ネットでしっとりめの生地のレシピを見つけ、フランスに来て初めて成功しました。うーん、ふんわりおいしい!しっとりの秘密はヨーグルトとコーンスターチ。
でもこの写真、なんでケーキの右端が切れてるの?……気にしないでください。

プレ初節句

Le 04 3月 2009 à 23 h 37 min | deguster (味わった) | par atchoum

20090228hinamaturi1.jpg20090228hinamaturi4.jpg20090228hinamaturi3.jpg20090304chirasi1.jpg
北海道に住む友人Iちゃんから、小さな小包が届きました。お腹の赤ちゃんへの小さなお雛様とお雛様の金太郎飴。金太郎飴は私がいただきます~。私は、パリで簡単に手に入る材料でちらし寿司を作りました。お祝いなので、贅沢にうなぎの蒲焼ものせてみました。うーん、お祝いごとは楽しいな。

ダンゴ君を見たあとレ・ココットへ

Le 21 2月 2009 à 23 h 01 min | deguster (味わった) | par atchoum

20090221cocottes01.jpg20090221cocottes02.jpg20090221cocottes03.jpg20090221cocottes04.jpg20090221cocottes05.jpg20090221cocottes06.jpg
家人の関係で、フジコ・ヘミングさんの個展を見にギャラリーARCKへ。猫が描かれた版画が気に入りました。猫のぽってりとしたフォルムとか微妙な表情とかいいです。中でもダンゴ君という野良猫が印象に残りました。この展示のスタッフの中に、ダンゴ君が描かれた帯を巻いてらっしゃる着物の方がいて、これは市販品?気になるところです。
ここの後は、前々から気になっていた、カウンターのみのSTAUB鍋料理の専門店Les cocottesへ。日本人客がめちゃくちゃ多いわけでもなかったけれど、日本語メニューがありました。結構かわいい字で書かれていて、厨房にいた日本人のキュイジニエの方によるものでしょうか?多くの料理(前菜からデザートまで)が小さなSTAUBの鍋に入って出てくるのが、なぜかワクワク楽しかったです。もちろんお味もいけました。サービスのスタッフは二十歳ぐらいの若手さんばかりでしたが、感じがよかったです。連れが頼んだコーヒーに付いていたポワラーヌのスプーン型ビスケット、私にもひょいっとくれました。