Le Journal de Aaaaatchoum » trouver un livre (本見つけた)

rchive pour la catégorie 'trouver un livre (本見つけた)'

Histoire du cochon renifleur de sommeil et autres fables

Le 25 3月 2011 à 17 h 35 min | trouver (見つけた), trouver un livre (本見つけた) | par atchoum


サロン・デュ・リーヴル(本の展示会)で手に入れたのは、結局一冊。ブルーノ・ジベールのHistoire du cochon renifleur de sommeil et autres fables(眠気を嗅ぎつけるブタのお話と他の寓話)。あまりにも眠らない男の子のお父さんが、困り果てて行った先は、鼻が利くブタのところ、そしてブタが嗅ぎ付けたのは…。他に6つの動物のお話が納められてます。ユーモラスで素敵なイラストときれいが魅力的な本です。サロンでは、同じ作家のイラストのPetit Gibertという子ども向けの辞典も気になったのですが、場所をとるのと、活用する予定がないので、見送りました。

サロン・デュ・リーヴル2011

Le 24 3月 2011 à 1 h 35 min | sortir (出かけた), trouver un livre (本見つけた) | par atchoum


サロン・デュ・リーヴル(本の展示会)に行ってきました。今年から、パリ市図書館の貸し出しカードを提示すると、9ユーロの入場料が無料なので、懐にはうれしい限り。
娘の一時託児所の時間が決まっているので、会場を回れる時間は2時間。あらかじめ、ネットで見たい出版社と会場地図をプリントアウトして、かけ足で回りました。
一番楽しめたのは、今回のテーマ国北欧のブース。特に、カミーラ・ルンドステンの「リトルファント」の絵本が気になりましたが、非売品のため手に入れる事ができず。このカミーラさん、マルチな方なようで、イラストからグラフィックデザイン、プロダクトデザイン、ショップやブランドのアートディレクションなどで、活躍されているようです。分りやすい物だと、ブリオのマイファーストシリーズなど。サイトで見たら、ご本人もとてもチャーミングなかわいいひとで、これまたびっくり。

久しぶりに図書館へ

Le 16 2月 2011 à 23 h 35 min | sortir (出かけた), trouver un livre (本見つけた) | par atchoum


出先で時間があまったので、久しぶりに図書館によってみました。娘用に動物の本を探していたので、数冊借りることに。
自分用に絵本を選ぶ時は、まずイラストや装丁などが重要なのですが、娘用には分かりやすいものを選びます。今日選んだのは、安野光雅のChoisis ton masque!(おめんのえほん)とBonjour Citrouille!(にこにこ かぼちゃ」。ピーター・スピアのLes animaux ont la parole(ごろろうううぶうぶう)。どれも気に入ったようで、大喜びでした。
図書館が発行しているカタログも充実していて、年齢別に用意されています。私は0-3才用のものをいただきました。娘が大好きなマーガレット・ワイズ・ブラウンのMon petit monde(おやすみなさいおつきさま)も載っていました。
あとは、新聞リベラシオン別冊子Paris momesも無料配布していたので、いただきました。こちらは、図書館とは全然関係ないのですが、子どものイベント情報が得れます。今日は、今週末の幼児のためのシネ・コンサートと3月のモリアーティの子ども用のコンサートの情報をゲット。モリアーティのコンサートは早速予約しました。
素敵な本と情報に出合えて大満足。図書館あなどれません。これからは通います〜。

アトムの本とままごとセット

Le 27 12月 2010 à 23 h 12 min | acheter (買った), trouver (見つけた), trouver un livre (本見つけた) | par atchoum


今年の娘のクリスマスプレゼントは、おままごとセットに決定……したものの、これっといったものがなく、困っていたら、近所のL’epe de boisというおもちゃ屋さんで、ドイツのErzi社のバラ売りのものを発見。シンプルだけどかわいくて丈夫。娘も大喜びで、毎日遊んでいます。
先日の児童書の展示会で気になっていたアトムの絵本。友人から娘へのクリスマスプレゼントにいただきました。体の部位の名前を覚える幼児向けの本です。最終ページのpopotin(ポポタン)だけは、私も分からず。友人の小学低学年の娘さん達も「しらな〜い」とのことでした。これは覚えなくてもこまらないってこと?

展示会で買った本2

Le 10 12月 2010 à 23 h 57 min | trouver un livre (本見つけた) | par atchoum


今回娘用に買った本は、Adopte-moi(貰って/養子にしてシリーズ(Mila edottions刊)。 動物を飼うという内容で、切り取ったり、シールを貼ったり、色を塗ったりして遊ぶ絵本です。思わず自分で遊びたくなりましが、もったいなくてシール剥がせません。即決でゴリラを買いましたが、なぜだろう…?動物は他に、ペルシャ猫、チワワ、ティラノザウルスがあります。

展示会で買った本1

Le 06 12月 2010 à 1 h 34 min | trouver un livre (本見つけた) | par atchoum


今年の児童書の展示会で買ったのは、Le chat aux yeux bleus(「青い目のねこ」エゴン・マチーセン著/福音館書店刊)。
数年前コペンハーゲンへ旅行に行ったときに古本屋さんで偶然デンマーク版1977年刊のものと出合いました。
状態はかなり悪くて、背表紙もなく書き込みも多く迷ったのですが、すごく気に入ったので手に入れました。
青い目のシャムねこの主人公が「ねずみがたくさん住む国」をめざして冒険するお話で、主人公のユーモラスで前向きなキャラクター、ヘタウマな感じのシンプルなイラストが魅力的な本です。
今回買った仏語版は、Circonflexe社の10月の新刊。この出版社Quand la neige qui tombeの復刻版も2005年1月に出版していたので、注目していました。
他には今年、クレムケやマーレンカ・ステューピカの復刻版を刊行してます。

この秋気になる絵本

Le 25 10月 2010 à 15 h 56 min | m'interesser (気になる), trouver un livre (本見つけた) | par atchoum


近所の本屋さんDedale(デダル)のウィンドウ。小さな町の本屋さんですが、子どもの本のセレクションがなかなかよいので、ちょくちょくのぞいています。
今日まず目にとまったのは、Pique-nique papilles(Edition Memo刊)。ドミノカード(絵柄などに合わせて並べて行くゲーム)です。一瞬、荒井良二?と思ったのですが、フランスの作家Florie Saint-valだそうです。
Le roi qui n’a rien(Gallimard Jeunesse刊)は表紙の絵がかわいくで気になりましたが、中はまだ見れてません。「裸の王様」のお話ですね。
L’arbrier(Albin Michel Jeunese刊)は別の本屋さんでも気になっていて、右上はその時の写真。この本では28種の木の葉っぱが紹介されていて、その落ち葉を使って絵を描いたりするという秋にぴったりな内容。すぐにでも落ち葉拾いに行きたくなります。もちろん見るだけでも十分たのしめます。

もしゃもしゃちゃんなど

Le 08 3月 2010 à 23 h 15 min | trouver un livre (本見つけた) | par atchoum


日本からインターネットで買物をしたついでに、読み聞かせしやすい小さな絵本を三冊買ってみました。
一冊目は、「うえきやのくまさん」。昔私がお菓子屋さんで働いていた頃、友人Rさんが「パンやのくまさん」という絵本をプレゼントしてくれました。そのうえきやさんバージョンです。くまさんの淡々とした一日の生活が描かれていて、夜寝る前に読んであげるのにはぴったり。何度読んでもなぜか飽きません。
二冊目は、「もりのなか」。ネットで偶然見つけました。モノトーンですが、楽しく明るいお話です。
三冊目は、「もしゃもしゃちゃん」。マレーク・ベロニカさんのイラストと主人公のもしゃもしゃちゃんに惹かれました。他の登場人物や仮装の衣装なんかもすべてがかわいくて、女の子ならワクワクするはずです。

おまけ
うちにも、こんなもしゃもしゃちゃんがいました…

フランスの子どものうたの本

Le 30 12月 2009 à 23 h 41 min | acheter (買った), trouver un livre (本見つけた) | par atchoum

20091227livre120091227livre320091227livre2

先日娘のクリスマスプレゼントに選んだ本をご紹介。Milan社Pommes de reinette et Pommes de nuit。フランスの童謡と子守唄が30曲収録されているというのと、Julia Wautersのすてきな装丁に惹かれて、中は見ずに(ビニールで包まれていたため)購入しました。が、これが当たりでした。2枚のCDに収録された曲は現代風のポップな感じにアレンジされていて、大人が聞いても十分に楽しめます。私も毎日のように聞いてます。この本と迷ったのが、Gallimard Jeunesse社Le Petit Théâtre d’Ombres(小さな影絵劇場)シリーズの戯曲絵本と影絵の紙芝居セット。なぜこれを選ばなかったかというと、下手なフランス語で影絵を演じるのは私…。娘にかわいそうなのでやめました。でもイラストもデザインもすてきなので、もうちょっと娘が大きくなったら手に入れるかもしれません。こちらで紹介の映像が見れます。

児童書の展示会行ってきました

Le 27 11月 2009 à 1 h 34 min | acheter (買った), sortir (出かけた), trouver un livre (本見つけた) | par atchoum

20091126salondulivre120091126salondulivre220091126salondulivre320091126salondulivre420091126salondulivre520091126salondulivre6昨日から始まった児童書の展示会に行ってきました。私に与えられた時間は、娘が一時託児所に行ってる3時間半。あらかじめオフィシャルサイトで行きたいスタンドを確認してかけあしで回ってきました。今日はなぜか社会科見学の子どもが山のよう。気持ち悪くなるような熱気にめげつつも、さらにスピードを増して回りました。いつも気になるMemo社では、1980年に出版された英語の絵本の仏語版「Bon voyage Freddie!」を購入。Sheila BOURNEの版画がとっても素敵です。娘にはTourbillon社で布でできた赤ちゃん向けの絵本「Coucou les amis!」を、Corraini社では毎年チェックしているクリスマスカードを数枚購入しました。展示会では、出版社オリジナルのビニール袋に入れてもらうのが楽しみでもあるのですが、Memo社では薄いスーパーの買い物袋のようなもの、Tourbillon社では2年前のブックフェアの袋に入れてくれました。エコを考えるとこちらが正しいのでしょうが、ちょっと寂しいような気もします……。