Le Journal de Aaaaatchoum » sortir (出かけた)

rchive pour la catégorie 'sortir (出かけた)'

雨のリュクサンブール公園

Le 19 7月 2011 à 23 h 14 min | sortir (出かけた) | par atchoum


きのうから、リュクサンブール公園に通っています。なぜかというと、娘の一時託児所が公園内にあって、慣らし保育を始めたからなのです。いつも通っている託児所は、1ヶ月半の夏休みに入ってしまったので、夏中開いているというこちらへ通う事にしました。
屋外託児所だというのと、送り迎えの度にパンテオンの丘を登って下らなくてはいけないのが気にかかっていましたが、実際やってみると、気にならなくて、娘は、屋外の遊びに大喜び。今日のあいにくの雨も、多いに楽しんでいました。私も、大きくて素敵な公園に頻繁に来れるのもいいかな、と思っています。

サロン・デュ・リーヴル2011

Le 24 3月 2011 à 1 h 35 min | sortir (出かけた), trouver un livre (本見つけた) | par atchoum


サロン・デュ・リーヴル(本の展示会)に行ってきました。今年から、パリ市図書館の貸し出しカードを提示すると、9ユーロの入場料が無料なので、懐にはうれしい限り。
娘の一時託児所の時間が決まっているので、会場を回れる時間は2時間。あらかじめ、ネットで見たい出版社と会場地図をプリントアウトして、かけ足で回りました。
一番楽しめたのは、今回のテーマ国北欧のブース。特に、カミーラ・ルンドステンの「リトルファント」の絵本が気になりましたが、非売品のため手に入れる事ができず。このカミーラさん、マルチな方なようで、イラストからグラフィックデザイン、プロダクトデザイン、ショップやブランドのアートディレクションなどで、活躍されているようです。分りやすい物だと、ブリオのマイファーストシリーズなど。サイトで見たら、ご本人もとてもチャーミングなかわいいひとで、これまたびっくり。

パリ・モームのおやつコンサート

Le 20 3月 2011 à 17 h 07 min | regarder (見た), sortir (出かけた) | par atchoum


大分前にチケットを手に入れてから、楽しみにしていた子どもコンサートに、親子三人で行ってきました。
アーチストはモリアーティ。昨年日本でもライブが行われたそうです。主催は、子どもの情報誌パリ・モーム(日刊紙リベラシオンの付録)。センスの良い情報がいっぱいで、子どもがいない時から、愛読しています。
娘はというと、最初は大喜びで、手をたたいたり、踊ったりしていたのですが、30分くらいで、会場内の散策に夢中になり、結局ロビーに出るはめに……。でも、最後のアンコールはなんとか聞けました。
コンサートの後は、おみやげの袋(中に入っていた物は、ミネラルウォーター、バナナ1本、チョコチップ入りパウンドケーキ、パリ・モーム誌)をいただいて、ロビーでおやつタイム。イベントの内容だけに、おしゃれな親子が多かったのですが、みんな必死にバナナやケーキを頬張っていて、和ませてもらいました。また楽しいイベントを期待しております。

第一日曜日のポンピドゥ・センター

Le 07 3月 2011 à 16 h 20 min | sortir (出かけた) | par atchoum

国立の美術館や博物館が無料の第一日曜。今日選んだのはポンピドゥセンター。かなり混むかなと気合いを入れて行きましたが、そうでもなかったです。
小さな娘がいるので、じっくりとはみれませんが、とても広いので、たくさん歩き回りました。娘は、会場内の透明なエレベーターがえらく気に入ったようで、何度も何度も乗り降りしました。あとは、いろんな人に「Au revoir!(さようなら)」と言って、手を振っていました。
で、鑑賞したのは、絵画や立体作品や家具などのパーマネントコレクション。そしてミシェル・ゴンドリーの「L’Usine de Films Amateurs(アマチュアの映画工場)」。こちらは、用意されたセットで撮影をして、映画を製作するという体験ができます。もちろんセットを見るだけもできるので、私は見るのみ。あとは、彼のデッサンなどが見れました。他に、映画上映もあるそうですが、ここまでは余裕がありませんでした。

久しぶりに図書館へ

Le 16 2月 2011 à 23 h 35 min | sortir (出かけた), trouver un livre (本見つけた) | par atchoum


出先で時間があまったので、久しぶりに図書館によってみました。娘用に動物の本を探していたので、数冊借りることに。
自分用に絵本を選ぶ時は、まずイラストや装丁などが重要なのですが、娘用には分かりやすいものを選びます。今日選んだのは、安野光雅のChoisis ton masque!(おめんのえほん)とBonjour Citrouille!(にこにこ かぼちゃ」。ピーター・スピアのLes animaux ont la parole(ごろろうううぶうぶう)。どれも気に入ったようで、大喜びでした。
図書館が発行しているカタログも充実していて、年齢別に用意されています。私は0-3才用のものをいただきました。娘が大好きなマーガレット・ワイズ・ブラウンのMon petit monde(おやすみなさいおつきさま)も載っていました。
あとは、新聞リベラシオン別冊子Paris momesも無料配布していたので、いただきました。こちらは、図書館とは全然関係ないのですが、子どものイベント情報が得れます。今日は、今週末の幼児のためのシネ・コンサートと3月のモリアーティの子ども用のコンサートの情報をゲット。モリアーティのコンサートは早速予約しました。
素敵な本と情報に出合えて大満足。図書館あなどれません。これからは通います〜。

赤いお家のローズベーカリー

Le 17 1月 2011 à 23 h 16 min | deguster (味わった), sortir (出かけた) | par atchoum


ローズベーカリーマニアの友人に聞いて知ったローズ・ベーカリー・カルチャー(キュルチュー?)。パリの3店舗目です。昨日友人ファミリーを誘って行ってきました。場所はバスチーユ近くのアートセンターLa maison rouge内。他の店舗より広くて、天井も高くて、子連れでもとっても快適でした。年に何回か内装が変わるそうで、今はジョルディ・ラバンダの壁紙がキュートな内装。今日から2月11日までお休みらしいですが(知らなかった!)、ぜひまた来たいです。

あけましておめでとうございます

Le 05 1月 2011 à 16 h 57 min | s'emouvoir (感動した), sortir (出かけた) | par atchoum


あけましておめでとうございます。1日からなんだか体調がすぐれず、やっと復活。うーん、年を感じる、年頭です……。今年も健康で充実した一年にしたいです。どうぞよろしくお願いいたします。
写真は、年末に行ったアートスペース104(ソンキャトル)でのLe Manege Carre Senartのメリーゴーランド。大人4人幼児1人で、一番喜んでいたのはこの私です。メタル感あふれるシュールな世界観、必見(必乗!?)です。

夢のお菓子屋さんのサロンドテ

Le 28 12月 2010 à 23 h 07 min | sortir (出かけた) | par atchoum


友人夫妻が日本から遊びに来ているので、お茶をしに16区のPatisserie des reves(夢のお菓子屋さん)へ。販売のみの6区のお店やマレにあった仮店舗Exceptions Gourmandesなどはいったことがあり、お気に入りのお菓子屋さんの一つでした。6区のお店では、素敵なワンピースを着た女性スタッフがとってくれる注文はiPhoneにて、内装もケーキのパッケージもすごくおしゃれで、とても新しい感じ。もちろん16区のお店も素敵です。場所は近所ではないし、お安くないので気軽には来れないけれど、おススメです。

ドリンク&ポスター付き

Le 17 12月 2010 à 0 h 40 min | acheter (買った), sortir (出かけた) | par atchoum


ノエルのプレゼントを買いに、児童書の専門店Chantelivreへ。ノエル直前ということで、ラッピングコーナーが奥の部屋に設置されています。
この書店は出版社のl’ecole des loisirsと関係があるようで、奥の部屋にはl’ecole des loisirs社のポスターやパンフレットがたくさん。
スタッフの方によると「ポスターもパンフレットも自由にお持ち下さい」とのことで、トミ・ウンゲラーとケティ・クロウサーのパンフレット、「かいじゅうたちのいるところ」と「ぞうのエルマー」のポスターをいただきました。さらには、ソファが設置されていたり、ジュースやコーヒーが自由にいただけるようになっていたり、いたれりつくせり。ラッピングの用事がなくても、ついまた寄ってしまいそう…。

児童書の展示会に行ってきました

Le 03 12月 2010 à 23 h 49 min | sortir (出かけた) | par atchoum


今年も行ってきました、児童書の展示見本市(販売会?)。なかなか時間がとれなくて、今日の夕方に行ったら、なんと今年から金曜日の夕方以降は無料とのことで、ラッキーでした。まずのぞくMemo社では、これと思うものは見つからず、Circonflexe社にて三冊、Arte社でDVD1つ、Gallimard Jeunesse社では、去年の展示会から気になっていた本を1冊購入しました。復刻本についつい目がいってしまうのは職業病?購入したうちの自分用の1冊は復刻本です。購入した本は後日紹介いたします〜。