Le Journal de Aaaaatchoum » sortir (出かけた)

rchive pour la catégorie 'sortir (出かけた)'

I ♥ Martine

Le 12 2月 2014 à 17 h 50 min | Instagram, sortir (出かけた) | par atchoum

Instagram Image
子どもの向けの美術館 Musee en Herbe へ。
「I ♥ Martine」展。1954年に出版された絵本Martineシリーズ。
画風が好きでないので、ちゃんと見たことなかったけれど、子どもの世界が精密に生き生きと描かれていて、よかったです。
絵の展示以外には、子ども向けの、仮装用ドレス、おままごと、パズル、馬の乗り物がありました。
一緒に行った娘は、もちろん絵には全く興味を示さず、何着も仮装用ドレスを試着して、満足していました。

Nuit blanche 4区役所で甘い歌声

Le 05 10月 2013 à 19 h 35 min | Instagram, regarder (見た), sortir (出かけた) | par atchoum

Nuit blancheMairie du 4e 4区役所甘い歌声が聴けます⁈
今夜はNuit Blancheニュイ・ブランシュ。パリ市主催の夜通しアートイベントです。私は4区役所のDidier Faustinoの作品Memories of tomorrowの展示へ。
柵で作られたオブジェを鑑賞していたら、ポリスの格好をした4人が入場し、その一人が、甘い歌を一曲披露してくれました。
パフォーマンスを含めての作品だったのでしょうが、突然の歌に、娘も大喜びでした。

メッスへ週末旅行

Le 05 11月 2012 à 21 h 02 min | sortir (出かけた), trouver un livre (本見つけた) | par atchoum



子どもが秋休み中なので、何かイベントを!と思い、週末を利用して、ロレーヌ地方のメッスという街へ行ってきました。
目的は、2年前にできたポンピドゥーセンターを見るためです。行われていたSol Lewittの展示もよかったです。
3才の娘がいっしょなので、電車の中やレストランで静かにしてもらうために、いろいろ策を練るのですが,今回持って行った、バーバパパのDoragon d’Or刊のLa valise de voyage(旅行トランク)が大ヒット。ぬりえ、シールブック、厚紙のバーバパパ人形遊びセット、ドミノカードが入っていて、夢中で遊んでくれました。
観光局で見つけた、ロレーヌ地方、アルザス地方、ルクセンブルグの子ども情報誌Feuille de menthe。表紙も中身もかわいかったです。このFeuille de menthe刊の絵本Clovis et le pain d’épicesも素敵な本でした。パンデピスがテーマのお話とパンデピスの説明が描かれています。買いのがしたのがちょっと残念。

パリ造幣局にて夜のアートフリーマーケット

Le 21 5月 2012 à 23 h 40 min | m'interesser (気になる), sortir (出かけた) | par atchoum


美術館や博物館が夜に無料で開放されるイベントNuit Museeの一つ、パリ造幣局のアートフリーマーケットへ行ってきました。わたしが知ってたアーチストはオルランしかいなかったけれど、何十人かのアーチストが自分の作品を売っていました。値段は5ユーロくらいからあったけれど、特に何もかわず。あまり売る気のないゆるい感じがよかったです。
入口にキリンや白クマやトラの剥製があって、とても人気でした。これが売られていたのかは不明です。

自然と水がテーマのイベント

Le 14 5月 2012 à 8 h 02 min | regarder (見た), sortir (出かけた) | par atchoum


天気が良かった今週末、土曜はFete de la nature(自然保護がテーマのイベント)のジャルダンデプラント公園会場へ、日曜はFestibal de l’oh!(水に関するイベント)のベルシー会場へ行ってきました。
ジャルダンデプラントでは、「にわの小さな仲間たち」の人形劇へ。まんまるでふわふわのミレイユやレオンの人形がかわいかったけれど、歌が古風だったりお話がちょっと退屈で、途中で抜け出してしまいました。
ベルシーでは、Compagnie Transe Expressの演奏とアクロバットの出し物へ。このカンパニーは、2000年ポンピドゥーセンター前広場の年越しイベントで、巨大なモービルにぶら下げられた演奏者の演奏を見て、感動したのを覚えています(その時の映像)。
今回の出し物は、感動というものではなかったけれど、船上での上演を川岸から鑑賞するというシチュエーションがとてもおもしろかったです。
ベルシーでは、パリ市図書館の子ども向けの出張ブースでは、演奏付きの読み聞かせなどもあり、娘もとても楽しませてもらいました。
夏が近づいていろんなイベントが増えてきました。今度の土曜はNuit Musee(夜間美術館が無料で開放)開催されます。

夏時間

Le 25 3月 2012 à 23 h 40 min | acheter (買った), sortir (出かけた), trouver (見つけた) | par atchoum


今日から夏時間が始まりました。1時間短くなった分、朝起きるのが少しつらいけれど、日の入りが遅くなって、春らしさが増しています。
特に今週から晴れで暖かい(20℃前後)日が続いているので、外で過ごすのがとても楽しくなりました。
今朝は、数ヶ月ぶりに蚤の市に行ってきました。冬はあまりなかった蚤の市やバザーも、段々増えて来ています。市では、レコード付絵本、絵本、子どものおもちゃ、など買いました。今日の大ヒットは、娘に買った、ちょっと古い砂遊び用の型。今販売されている物とは違う素朴な形と色。いも虫のような、ハリネズミが笑えます。もちろん、娘も大喜び。ちなみに、娘は蝶が気に入ったようです。

サロン・デュ・リーブル(本の見本市)へ

Le 20 3月 2012 à 18 h 26 min | sortir (出かけた), trouver un livre (本見つけた) | par atchoum




金曜から始まったサロン・デュ・リーブル(本の見本市)。やっと最終日に行けました。人が多いし、会場が暑かったりするので、気後れしていたんですが、行ってみると、やっぱり楽しい。2時間半ノンストップで歩き続けました。
今年の招待国は日本、招待都市はモスクワ、でした。モスクワのブースでは、ロシア語は読めませんが、気になる装丁や絵の本がいくつかありました。日本のブースでは、日本語の本が割とあって、大江健三郎の日本語の文庫本は、結構売れていました。ちなみに、日本語の本は、日本の値段の倍です。あとは、村上春樹の本がたくさん並んでいました。
私は、最近気になっているHelium社で、William WindoriskaのTous les animaux etaient en colere娘には、今彼女のブームのバーバパパの本を買いました。

Cine-Concert 映画コンサート

Le 19 2月 2012 à 16 h 40 min | regarder (見た), sortir (出かけた) | par atchoum


年に2回行われる、1才半から4才の幼児向けの映画上映会Tout-Petits-Cinema。親の私の方が毎回楽しみにしています。いくつかのプログラムの中から、今回は「レオ・レオニの小さな世界」というCine-Concert演奏付き映画上映会を選びました。
レオ・レオニは、好きな作家で、絵本はいくつか持っていましたが、映画を見るのは初めて。上映作品は、さかなはさかな、フレデリック、ぼくのだ!わたしのよ!、コーネリアス、スイミー。
音楽を担当した、ロックバンドSZ。レオ・レオニのアニメには、ちょっとだけ激しいかなと思ったけれど、絵本より躍動感溢れる感じで、別のイメージを楽しませてもらいました。
今回は、レゴ協賛で、レゴのディプロで遊ぶスペースがたくさんあって、こちらも楽しかったです。
娘が4才になるまで、毎回楽しませてもらおうと思います。

児童書の展示会 2011

Le 05 12月 2011 à 15 h 07 min | sortir (出かけた), trouver un livre (本見つけた) | par atchoum


クリスマス前のお楽しみ、児童書の展示会へ行ってきました。先週の水曜日から始まっていたのだけれど、平日は予定があったり、週末は人混みがこわいので、やっと最終日に行く事ができました。といっても、結構な人混みで、会場はムンムン。
今年は、ジュネーブのNotari社、というか作家のMadalena Matosoが気になり、Quand je suis ne (私が生まれた時)とEt pourquoi pas toi?(なんで君じゃないの?) を手に入れました。情熱的な黒とビビットな色使いの、やさしいイラストに惹かれました。
Albin Michel社では、Bruno GibertのLes minichatsを手に入れました。ミニサイズのボックス入り本というだけで、すでにツボなのですが、彼の描く黒猫にやられてしまいました。そういえば、去年の展示会では、同作家のAutrement社のL’histoire du cochon renifleur de sommeil et autres fablesを手に入れてます。
娘には、もうすぐ控えてる長距離の飛行機の旅に備えて、Magnard社の動物のシールブックとバーバパパのシールブックを手に入れました。これで持つとよいのだけれど。
今は怪獣のような娘なので、恐くて諦めたけれど、来年は一緒に連れて行けたらな、と思っています。

近所で古本市

Le 10 10月 2011 à 23 h 42 min | avoir peur (コワイ), sortir (出かけた), trouver un livre (本見つけた) | par atchoum


あいにくの天気の週末。家で静かに片付けでもしようと思っていたら、昼ご飯にアール・ダール(レバノン料理のデリカテッセン)のファラフェルサンドとチキンサンドを買ってきた家人から「近所のモーベル・ムチュアリテ広場で古本市やってるよ!」との情報が。張り紙は見て知っていたのですが、すっかり忘れてました…。
そそくさと昼ご飯をいただいて、娘のお出かけ準備をしてベビーカーで出かけました。娘は噓のようにすぐに寝てくれて、ゆっくり本を探せました。そして、3冊の本をゲット。かなり満足しています。家人&娘よありがとう。